« 3人ともダウン。 | トップページ | 大混雑! »

2011年3月11日 (金)

大地震。

いっくんに遅めの昼の離乳食を食べさせている時だった。

「ぐらぐらっ」
ん?地震?

あたしが住んでるのは千葉の北西部で、地震が多い。
ちょっと慣れっこになっていた。

でも、今回のは今までのとは全く違う!
いっくんを抱いて、もう片方の手でテレビを掴む(大きいから倒れたら大変)。

揺れが収まったら、テレビが急に地震の速報に変わった。
わけがわからないままテレビで情報を得ていると、余震。
今度のも強い。

思わず叫んだ。「もうやめて~!」
その間、いっくんはずっと無言だった。
地震の怖さとか、まだわからないんだろうって思っていたけど、違った。

帰宅困難者になってしまったダンナが会社を出て自宅を目指したのが8時ぐらい。
そのぐらいの時間、ガスが止まってしまったのでいっくんをお風呂に入れられず、
ガーゼで顔をまんべんなく拭きあげて寝かせようとした。
(赤ちゃんを素っ裸にしてる時に大きな余震が来たら対処できないと思ったので。)

いっくん、眠たいんだけどなんか眠れない。
抱っこをやめて、一緒にゴロンと横になってみた。
「ママと一緒に寝る?」そう言いながら、背中やおなかをトントンたたいていた。
実は昼間の恐怖を引きずっていたいっくんは、最終的にはあたしにしがみついて
きて、体の上に上ったり身体をぴったりくっつけてきたりして、今までにない寝方を
した。本当はめちゃめちゃ怖かったんだね。
寝たかな~?って思って離れようとすると、うっすらと目を開けて、あたしがいること
を確認する。そんなことが何度も続いて、ようやく眠りに着いた。

いっくんが寝てからは、逃げる準備をしていた。
いっくんのオムツとミルクとベビーフードは必需品。
いろいろと持ち出してくると、もう自分のものが入らないくらいに赤ちゃんの必要な
ものって多い。

大きな旅行かばんとママバッグにぎっしり荷物を詰めて、まだ帰らないダンナを待ち
ながら、横になって地震のニュースを見ていた。
ダンナが何とか地下鉄に乗れそう。
そこでようやく寝ることにした。それが12時前だったかなぁ。
いつでも逃げ出せるように、ジーンズ姿で寝た。枕元には懐中電灯と携帯。

1時ぐらいにダンナ帰宅。
二駅前で電車が止まったので、そこからまた歩いたらしい。

ダンナが帰ってきた…それだけで安堵感で眠れた。

翌日の朝に続く…

|

« 3人ともダウン。 | トップページ | 大混雑! »

「育児」カテゴリの記事

コメント

まだまだ地震による混乱は続いてるね。。
赤ちゃんがいると色々大変だし、不安だよね。
何かできることがあったら言ってね!
電池は送ったよー(*´ェ`*)

投稿: ぜぶ | 2011年3月14日 (月) 22時52分

ありがと~

結局、夜間の停電は一度しか経験しなかったけど、懐中電灯の
灯りのありがたさを十分に感じました。

うちは疎開させてもらったので、子供の心配はないよ。

ほんと、ありがとね。

投稿: roko | 2011年3月22日 (火) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3人ともダウン。 | トップページ | 大混雑! »